2010.04.08 Thursday
悪人(上) (朝日文庫) 悪人(下) (朝日文庫)
悪人(上) (朝日文庫) 悪人(下) (朝日文庫)  吉田 修一


福岡市内に暮らす保険外交員の石橋佳乃が、携帯サイトで知り合った金髪の土木作業員に殺害された。二人が本当に会いたかった相手は誰だったのか? 佐賀市内に双子の妹と暮らす馬込光代もまた、何もない平凡な生活から逃れるため、出会い系サイトへアクセスする。そこで運命の相手と確信できる男に出会えた光代だったが、彼は殺人を犯していた。彼女は自首しようとする男を止め、一緒にいたいと強く願う。光代を駆り立てるものは何か? その一方で、被害者と加害者に向けられた悪意と戦う家族たちがいた。誰がいったい悪人なのか? 事件の果てに明かされる殺意の奥にあるものは?

映画化されると聞くと読まないとね〜
役柄をイメージしやすいので(*^。^*)


とても切ないお話でした。
最後は涙がσ(TεT;)。。。久しぶりの読書泣きです


善とか悪とか。。。
考える

「加害者」と「被害者」

法的には
衝動的に人を殺した祐一は「悪人」なんだろうけど

「どっちも被害者にはなれんたい…」と言って
母親にお金をせびる。最後には光代を......に。
純粋で不器用なやさしさ。
でも少し見る角度を変えると。。。どうなん?って思うし

登場人物それぞれが「悪人」でもあり。。。

「悪」とは何なのか? 
「悪人」とは誰なのか? 



私的には。。。ブッキー大好きですが・・・
イメージはオダジョーでしたな。


BUT!!!しかし!!
ブッキーがどう演じるのか
映画はとっても楽しみです!


殺される石橋佳乃を・・・深津絵里が・・・と思いこんで
読みだして・・・ちょっと設定若すぎるんじゃないか???とか
こんな性格の子を深津ちゃんが〜〜!Σ( ̄□ ̄|||)
全然あかんと思うわ〜〜〜


大きな勘違いでした。一緒に逃げる光代でした。
良かった。。。。

読みながら「こっちのがぴったりなんだけどな^〜^」っと
考えながら読んでました。
てかこっちです。





By China† | Time : 02:44 | CM : comments(0) | TB : trackbacks(0) | Book*

Comment form









トラックバックURL :