2004.09.27 Monday


女優を目指して上京した少女は、運命の悪戯に全ての夢を打ち砕かれ、孤独のうちに歳月を過ごしてきた。だがその男との出会いを境に、心の底に凍てついた狂気がゆっくりと溶けはじめる。・・・・・・なぜ忘れていたのだろう。あの夏から、私は妊娠しているのだ。そう、何年も、何年も、この子は待っていてくれたのよ・・・・・・。濃密な心理描写が絶賛された直木賞作家のデビュー作


1996/09

By China† | Time : 17:06 | CM : - | TB : - | Book*