2009.07.20 Monday

「運命の人は“刻印”されている。ひと目ぼれよりももっと強烈で決定的に」吸血鬼エドワードと禁断の恋に落ちたベラは、すべてを捨てて自分もヴァンパイアになろうと決意していた。しかし、ベラをあきらめきれない人狼のジェイコブが「吸血鬼になるな、おれが幸せにする」と情熱的にひきとめる。ふたつの愛、ふたつの未来のあいだで、揺れ動くベラの心の行方は…?さらに、カレン一族のロザリーやジャスパーの哀しく壮絶な過去があきらかに。全世界の女性を夢中にさせるヴァンパイア・ロマンス、シリーズ第3弾。

「約束するよ、永遠にきみを愛すると。来る日も来る日も―永遠に」とうとうエドワードのプロポーズを受けたベラ。形見の指輪を受け取って、あとは転生を待つばかり。だが、かつて恋人を殺された怨みをもつ赤毛の女吸血鬼ヴィクトリアが、ベラの命を狙って恐ろしい罠をしかけてくる。命がけでベラを守ろうとするジェイコブの犠牲、冷酷なヴォルトーリの仕打ち。そして、戦いのあとには、身を引き裂かれるような別れが待っていた…。ヴァンパイアと人間の“純愛”が心をゆさぶる、究極の吸血鬼ラブ・ストーリー。




By China† | Time : 16:53 | CM : - | TB : - | Book*