2004.12.27 Monday

「最愛のキャサリン、君が恋しい。いつもと同じように。だが今日は特別つらいんだ…。」波間に投げ込まれた瓶には、ひとりの女性に宛てた、そんな書き出しの手紙が入っていた海に育ったギャレットにとって、それは、失ってしまったたったひとりの女性に、永遠の愛を誓う唯一の方法だった。新聞社でコラムニストをするテレサは、忙しい都会での仕事から解放され、海辺での休暇を過ごしているとき、その手紙が入った瓶を拾い上げた。…そして彼女は、やがて明るい海辺の町へと、思いもかけない出逢いへと導かれていく。人が人生でしなければならない、もっとも大切な選択とはなにかを、静かに、力強く、語りかける愛の物語。

1998/12

By China† | Time : 15:38 | CM : - | TB : - | Book*