2008.11.26 Wednesday
秘密。―私と私のあいだの十二話 (ダ・ヴィンチ・ブックス)
秘密。―私と私のあいだの十二話 (ダ・ヴィンチ・ブックス)
ダヴィンチ編集部

(収録作品)
「ご不在票―OUT-SIDE―」/「ご不在票―IN-SIDE―」 吉田修一
「彼女の彼の特別な日」/「彼の彼女の特別な日」 森絵都
「ニラタマA」/「ニラタマB」 佐藤正午
「震度四の秘密――男」/「震度四の秘密――女」 有栖川有栖
「電話アーティストの甥」/「電話アーティストの恋人」 小川洋子
「別荘地の犬 A-side」/「別荘地の犬 B-side」 篠田節子
「< ユキ >」/「< ヒロコ >」 唯川恵
「黒電話――A」/「黒電話――B」 堀江敏幸
「百合子姫」/「怪奇毒吐き女」 北村薫
「ライフ システムエンジニア編」/「ライフ ミッドフィルダー編」 伊坂幸太郎
「お江戸に咲いた灼熱の花」/「ダーリンは演技派」 三浦しをん
「監視者/私」/「被監視者/僕」 阿部和重

レコードのA面・B面のように、ひとつのストーリーを2人の別主人公の視点で綴った短編12編。たとえば、宅配便の荷物を届けた男と受け取った男の扉をはさんだ悲喜こもごも、バーで出会った初対面の男女、それぞれに願いを叶え合おうといった男の思惑、応えた女の思惑など…。出来事や出会いが立場の違い、状況の違いでどう受けとめられるのか、言葉と言葉の裏にあるものが描かれた不思議な一冊


短編集なのであっという間に読めます。
こっちサイドはこうか〜なるほど・・・って感じです。
気になったのは「電話アーティスト」です。


By | Time : 14:20 | CM : - | TB : - | Book*