2008.11.09 Sunday




ストロベリーナイト (光文社文庫 ほ 4-1)

誉田 哲也

溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された。警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件で終わらないことに気づく。捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」が意味するものは?クセ者揃いの刑事たちとともに悪戦苦闘の末、辿り着いたのは、あまりにも衝撃的な事実だった。人気シリーズ、待望の文庫化始動。
いきなりエグイ描写で。。。え〜
なんかタイトルと姫川玲子にひかれて買ったけど・・・
これどうなん!!???ちょっと間違ったかも!!??

殺人シーンはとんでもなく・・・
思わず本を読みながらも顔をしかめてしまった。
これは絶対に映像化とかしてほしくないわ。


姫川玲子のキャラもなんとなく軽いかも・・・
バカだ!馬鹿だって言う悪徳刑事もムカつくわ!

あ〜それにしても
「ストロベリーナイト」ってタイトルとのギャップが大きすぎるわさ!
By | Time : 09:39 | CM : - | TB : - | Book*