2008.10.07 Tuesday
千里眼 優しい悪魔 上 (角川文庫 ま 26-111)千里眼 優しい悪魔 下 (角川文庫 ま 26-112)
千里眼 優しい悪魔 上 ・ 下
松岡 圭祐


千里眼 優しい悪魔 上
スマトラ島地震のショックで記憶を失ったインドネシア人女性。その莫大な財産を独占しようとする弟が片っ端からあたった記憶快復療法の可能性は2つに絞られた。不可能を可能にするメフィスト・コンサルティング・グループのダビデなる男、そして千里眼の異名をとる岬美由紀。今、ここに因縁の2人の運命が交差する。歴史を意のままに操るダビデの隠された日常と生い立ちが初めて明かされる、書き下ろし新シリーズ第9弾。


千里眼 優しい悪魔 下
メフィスト内企業、マインドシーク・コーポレーションのジェニファー・レインは、本社から最後通告を突きつけられていた。美由紀を亡き者にしない限り自身の命はない。ジェニファー最後の48時間カウントダウンが始まった!一方、活発化するノン=クオリアの動きにより、ついにメフィストにも史上最大の危機が忍び寄る。絶体絶命のダビデのとった方策は?そして美由紀の決意とは?新シリーズの到達点にして最高傑作。



たった今気がついた
「げ!!!下巻から読んでるし!!!」


/(≡||| ̄ x  ̄≡)\<あちゃ


もう・・・あと何ページもないし・・・・


何となく今回の話は解決が早いな・・・
ここからまた別のストーリーになるのか??
なんて思って読んでいた

普通気が付くものよね。。。。


とりあえず
ダビデ登場!ってなるとうれしいけど
あまりにも千里眼シリーズいろいろ変わりすぎて
ちょっと以前ほどワクワク感はないな・・・・
By | Time : 09:31 | CM : - | TB : - | Book*