2010.07.19 Monday
手紙 (文春文庫)
手紙 (文春文庫)
東野 圭吾


武島直貴の兄・剛志は、弟を大学に入れてやりたいという一心から、盗みに入った屋敷で、思いもかけず人を殺めてしまう。判決は、懲役15年。それ以来、直貴のもとへ月に1度、獄中から手紙を送る剛志。一方で、進学、恋人、就職と、つかもうとした人生の幸福すべてが「強盗殺人犯の弟」というレッテルによって、その手をすり抜けていく直貴。日を追うごとに、剛志からの手紙は無視され、捨てられ、やがて…。


続きを読む >>
By China† | Time : 01:02 | CM : comments(0) | TB : trackbacks(0) | Book*

Comment form









トラックバックURL :